大会テーマ「創造性ゆたかな学校事務をめざして!」


※「討議の柱」は当日、紙の速報でも配布します。

第1分科会

「学校財政財務活動の具体的展開」

 

{問題提起}

 〇後志支部:「東中生徒アンケート」のとりくみから学んだこと

  ~「まつだシート」をきっかけに~

 

 〇空知支部:夕南地区の研修

   ~経験年数の浅い事務職員と共に行う研修を探る~

 

{討議の柱}

 1、予算要望活動 ~校内や自治体~
 (1)自校や各自治体の予算要望活動の様子
  <校内での活動>
  ・自校での予算要望活動の現状と課題
  ・校内での要望集約のため工夫していること
  <自治体予算要望の様子>
  ・自治体との予算要望活動についての現状と課題
2、学校づくりとしての子どもアンケート
 (1)子どもアンケートで得た情報の効果的な活用についての実践
3、レポート内容から~各協議会研修の現状と課題~
(1)各市町村や各協議会等の研修を活発にすすめるための工夫
(2)各市町村や各協議会等で連携して行っていること
(3)とりくみの記録化とその活用についての実践

 


第2分科会

「保護者負担の現状と公費化の取り組み」

 

{問題提起}

 〇釧路支部:釧路管内における保護者負担軽減

  ~取り組みの現状について~

 

〇根室支部:標津町における保護者負担軽減の取り組み

 

〇網走支部:子どもの貧困問題への対策

  ~「就学援助』『私費負担軽減』の取り組みをとおして~

 

{討議の柱}

1、保護者負担軽減の現状について交流しよう
2、保護者負担軽減をすすめてみよう
 (1)校内的な取り組みについて
 (2)校外の組織・制度への取り組みや働きかけについて


第3分科会

「学校づくりと学校事務」

 

{問題提起}

〇上川支部:子どもたちの生活の場を意識した「教育環境整備」

 ~教育環境整備の「ひと的整備」「もの的整備」「かね的整備」~

 

〇十勝支部:「学校に要てこその学校事務職員」 ~与えられる役目を越えて~

 

 {討議の柱}

1、『子どもたちの「生活の場」を意識した学校づくり』
2、『「これからの学校づくり」を考える』

 


第4分科会

「学校運営と事務職員」

 

{問題提起}

〇小樽市支部:校内組織と事務職員職務についての考察

 

〇旭川市支部:事務職員が楽しく生き生きと事務実践を行うために

 ~旭川市公立小中学校事務職員協議会第1グループの研修活動~

 

〇渡島支部 :ワークショップ型研修の実践から

 ~主体的に参加し実りある研修会に~

 

〇胆振支部:事務職員の活動

 ~私の学校での取り組みについて~

 

{討議の柱}

 1、事務職員の研修
 <研修とは>
(1)研修の目的
  ・組織的研修の継続
  参加者へのアプローチ
    参加しやすい形態
  ・個人の力量へのアプローチ
  実務と創造性
(2)各支部の研修内容の交流

2、校内組織と事務職員
 <現状>
 (1)各校における業務内容
  人との関わり(職員、児童生徒、保護者、地域)
 (2)異動時の業務の引継
 <今後に向けて>
 (3)今年度、業務内容の変化があるか
 (4)今後、予想される変化


第5分科会 (本部所管分科会)

「未来へつなぐ北海道の学校事務」

  ~職務検討委員会答申を基に共に考えよう!「これからの学校事務」~

 

【問題提起】 職務検討委員会

 

【討議の柱】

 1 法改正「つかさどる」「専門性」の在り方から、学校事務はどう変わっていくか。

 2 「共同学校事務室・職務標準表」の課題と、どう向き合うか。

 3 教育改革と「地域・学校の課題」「学校事務業務の見直し」から、学校事務職員の関わり方をどう考えるか。